安易な自己破産はやめよう

"借金が膨らみに膨らんで、もうどうにも自分では手の付けられないような状態になってしまった時、誰かに助けを求めるしかありません。
一番多いのが弁護士でしょう。直接相談する場合もあれば、団体が主催する債務相談会などで紹介を受ける場合もあるでしょう。
そこで、多くの弁護士は自己破産を勧めます。もちろん官報に載り、その後10年程度は新たな借り入れができなくなるということも、そして免責の手続きのために裁判所に行かなければならないことも説明しますが、それよりもメリットとして借金がすべてチャラになる、ということを強調します。
実は、これは任意整理等に比べて、自己破産の方が弁護士側の事務処理という面でメリットが大きいということも、裏の事情としてあります。だから自己破産を進めてきますが、本当にどうしようもない状態であるならばともかく、任意整理で解決できる見込みであるならば、安易に自己破産はするべきではないと考えます。"

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved