しないにこしたことはない

" 借金って、一番初めが怖いですよね。ですが人は慣れていくもので、借り慣れてしまうと、いくら借りているのかすらも忘れてしまう人も結構いるようです。貸した方は、戻ってくると信用をして貸すのですが、案外戻ってこない場合も多く、その際には信用関係までも崩してしまいかねません。ところが当の借りた本人は、時効の成立を待つかのように素知らぬふりをしている場合もあるので、これが相当不快に感じる方も多いようです。
 借金はしないにこしたことはありませんが、どうしても必要な時には、人間同士の信頼関係を崩さないように気をつけましょう。特に保証関係は要注意。また、貸す側の方も、一度忘れられてしまったら、「こちらも出費やローンがあって...]など、何か言い分を作って貸さないようにするか、あるいは、戻ってこないものとしてあげるつもりで貸す方が、あとあと尾を引かずにすむのかな、と思います。"

関連エントリー

初めは不安でしたが、意外といますぐお金を借りるのにスムーズでした。

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved