クレジットカードの限度額(与信枠)

クレジットカードの与信限度額とは、カードの利用者に対して、カード
会社が貸し出しできる額の上限のことです。

この限度額には、決済待ちのお買い物や、未払いのお買い物などの金額
も全て含まれた額になっています。

またリスク回避のため、収入や滞納状況、利用状況といった個人情報を
チェックして審査を行い、総合的なカード利用者の置かれている状況で
限度額が個々に決定されます。


クレジットカードには、与信枠に応じて様々な種類が存在しています。

1.一般カード
2.ゴールドカード
3.プラチナカード(ブラックカード)

といったものがあり、下へ行くほど与信枠が大きくなっていきます。


カードを発行している会社の信用が高まれば高まるほど与信枠は大きく
なり、より高い与信枠が与えられているカードを所有していることで、
より高いステータスと感じる人も多くいます。

但し一般カードの多くは年会費無料のものも多くありますが、与信枠の
大きなカードほど、高額な年会費が必要になり、プラチナカード辺りに
なると、1年で5万円以上の年会費がかかります。

1年で5万円の年会費というのは、一般人からしたら相当な負担です。
ただカードを持っているだけで、毎年5万円を失うわけですから、基本的
に、5万円の出費を痛くも痒くも思わないほど、経済的に豊かな人が持つ
カードと考えても間違いでは無いでしょう。

またプラチナカードともなると、誰でも所有できるカードというわけで
はなく、ゴールドカードを持っている人の中で、カード会社から選ばれ
て招待状が送られてきた人のみが、入会することができます。

このようにやせ我慢で5万円払えば手にすることのできるカードという
わけではありませんので、一般的にはステータスの象徴といった扱いを
受けているわけです。

ちなみに世間で広く認知されているプラチナカードは、

・アメックスセンチュリオン
・ダイナースプラチナ(カードの色は黒色)

などがあります。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved