消費者金融の審査方法

消費者金融が行っている審査の仕組って、いったいどうなっているの
かと疑問に持つ方も多いでしょう。

実は消費者金融で融資を受ける場合、まず信用情報機関という所に個人
の信用情報を照会するところから始まります。

特に他社への借入状況などについての調査をするわけですね。

消費者金融で最も重要視されている審査が、この他社借入件数です。

この件数が、それぞれの消費者金融業者が設定している件数以内であれ
ば、多少の問題があっても借入することを許されることが多いです。


続いて個人の属性を照会します。

この属性とは、過去に取引してきた顧客データを元にして、審査対象の
利用者に一番近いモデルを検索し、その前例から融資を許可するのか、
或いはいくらまで融資するのかといった利用限度額を決定します。

過去の実績と照らし合わせて、審査対象者の未来を予測するため、似て
いると判断された前例に問題があった場合は、最悪の場合、融資が却下
されることもあります。


消費者金融業者は、こうした情報を信用情報機関に問い合わせて照会を
行い、最終的に融資の是非と金額を決定するのです。

消費者金融業者が照会を行う信用情報機関は、全部で5社あります。

全国信用情報センター連合会(全情連)
全国銀行個人信用情報センター (全銀協=KSC)
株式会社シーシービー (CCB)
株式会社テラネット
株式会社シー・アイ・シー (CIC)


どの信用情報機関の情報を利用するかは、消費者金融業者によって
まちまちですが、それぞれの系列で分かれていることが多いです。

短時間審査を実現できているのは、こうした信用情報機関の存在が、
大きな役割を担っているからです。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved