具体的なクレジットカードの限度額

クレジットカードの種類によって、限度額(与信枠)が異なるわけですが、
では実際にどのカードで、どれくらいの限度額に設定されているのかを
見て行きたいと思います。

基本的にクレジットカードの限度額は、所有者の職業や年収、これまで
の信用情報等々によってカード会社が定めます。

一般的に、一般カードでは5〜50万円前後の限度額が設定されており、
年会費無料のカードを始めて作る場合、5〜30万円前後からスタートする
ことが殆どです。

その後、カードの利用実績等で限度額が引き上げられることが殆どで、
一般カードで50〜100万円前後まで設定されることが多いです。

また一般カードよりも1ランク上になるゴールドカードでは、50〜300万円
くらいまでの限度額が設定されますので、一般カードより、より優秀な
信用情報を持っている方に所有が認められる傾向にあります。


但し限度額の範囲内であっても、一度の決済で多額の利用をする場合は、
カード会社により本人確認が求められることがあります。

これは不正利用の防止等の観点から行われるもので、本人の確認が取れ
れば、限度額内であれば利用することが可能です。


また日常的にカードを利用する人で、限度額に不足を感じる方の場合は、
カード会社のコールセンターに申し込むことで、もちろん審査は行われ
ますが、限度額を増額することができます。

また旅行や大物の買い物時などの時を見計らって、一時的に多額の利用
を予定している場合に限定し、一定期間だけ利用限度額の引き上げを申請
することも可能です。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved