クレジットカードの支払い方法

ここでは様々あるクレジットカードの支払い方法を紹介します。


■一括払い
金利が一切かからず、利用日の1〜2ヵ月後の決められた日に、後払いで
銀行口座から引き落としされる最も一般的な支払い方法です。

手元に現金を必要とせず、1〜2ヵ月後の支払いでありながら金利や手数
料が一切必要の無い便利な支払い方法でありながら、カード毎に定めら
れた特典やポイントが貯まります。


■2回分割払い
利用代金を、1〜2ヵ月後から起算して、2回(2ヶ月)に渡って支払う方法
です。分割払いでありながら、2回までなら金利手数料がかかりません。


■分割払い
利用代金を、何回かに分割して支払う方法です。カード利用時毎に、
それぞれ個別の決済で支払い回数を指定できます。

金利手数料は分割する回数によって定められており、支払い回数が多く
なるごとに、金利手数料も高くなるのが一般的です。

分割できる回数は一般に3回、6回、10回、15回、20回といった回数設定
である場合が多いですが、カード会社やクレジットカードの種類に応じ
て違いがありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。


■ボーナス一括払い
ボーナスが支給される時期に、一括で支払いを行う方法です。カードや
サービスによって「ボーナス月」として設定される月が異なりますが、
一般的に夏は6月か8月、冬は12月か1月が設定されることが殆どです。

場合によっては5ヶ月先の支払いになりますが、通常の一括払い同様に
金利手数料はかかりませんのでサラリーマンには便利なサービスです。


■リボルビング払い(リボ払い)
分割払いの一種ですが、いくつもリボ払いを選択しても、毎月の返済額
が一定となる支払い方法です。

利用金額が増えるほど、月々の支払額は変わらない代わりに、返済回数
が増えていきます。

また返済回数が増えれば増えるほど、金利手数料の総額も増えていくの
がリボ払いの特徴です。


■あるとき払い(フレックス払い)
基本的にリボルビング払いと変わりませんが、臨時収入等でお金が手元
に出来た場合に、月々の支払い金額を増額したり、ATMなどで臨時払いを
して元金を減らすことができます。

また通常リボルビング払いには金利がかかりますが、初回の支払日まで
に全額を返済すると、金利は一切かかりません。

あるとき払いを、「リボルビング払い」と同じ意味としてサービス提供
しているカード会社もあります。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved