「お金は銀行に預けるな」(勝間和代著)がきっかけで

私は、6年近く前に読んだ、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」という本がきっかけで、投資信託をはじめました。面倒くさがりの私が、某ネット証券会社に口座を作り、「国内株式」「国内債券」「海外株式」「海外債券」のインデックス型投資信託を、毎月1万円ずつ積み立てて買うことにしました。リスクを分散しているので、全部が下がることはないと思っていたのですが、リーマンショック時には元本割れしてしまいました。仕事が忙しかったので、あまり落ち込まずにすみました。その後、昨年まではあまりプラスにならなかったのですが、今年に入り、アベノミクスのおかげか、現在では積立額約260万円に対し、60万円以上のプラスが出ています。続けてよかった。最近になり、「ドルコスト平均法」の仕組みがなんとなくわかり、「下がったときにたくさん買えるので、プラマイゼロまで戻っただけでも利益が出る」と嬉しくなりました。また、額は少ないですが、証券会社のポイントが毎月貯まるのも楽しみです。「お金は銀行に預けるな」を読み、書いてあるとおりに実行したことが、私の投資の第一歩でした。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved