意外な事実を共有

クレジットカードの審査について、意外な事実を共有します。債務整理後数年ほどでも、仕事をきちんとしていて、それなりに定収入がある場合は、発行されることもあります。一般に、流通系などのクレジットカードは審査基準が緩いため、このような場合でも発行してもらえるようですし、銀行系のカードは、その銀行に一定額以上の預金があれば、審査に通りやすくなるともいわれています。それから意外に見落としがちなのですが、一度にクレジットカードやキャッシングを多数申し込むと、審査に通りにくくなります。これは申し込みブラックといわれていて、特に延滞しているわけでもなく、また債務整理経験があるわけでもないのに、一時に多くの件数を申し込んだため、返済能力を疑問視されて落とされてしまうのです。この申し込み件数は各金融機関で共有されます。ですから、1度に複数のクレジットカード、またはキャッシングやカードローンを申し込む場合は、せめて3件から4件程度にしておいて、様子を見てから、改めて他の会社のを申し込むようにするのがいいでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2009 クレジットカード限度額の増額は可能なのか?. All rights reserved